So-net無料ブログ作成
検索選択

ハリポタとドバイ砂漠の旅㉑ [☆TRAVEL☆]

毎日帰りが午前様だもんで、朝寝坊が続きます。

翌日はドバイ滞在最終日だというのに、

気が付いたらもうすぐ11時!


既に陽は高く、とても外を歩く気にならずTT

タクシー呼んで「ゴールドスーク」へ。

hd220.jpg

hd219.jpg

TVで観たのは四方八方キンキラキン☆の場所だったけど

私らが徘徊してる場所は意外とそうじゃない==;

ここでは、金の価格が他国よりリーズナブルなので、

私は自分へのご褒美を探す事にしました。

友人は流れでストールを購入。

どこのショップが信用出来るのかフラフラしてたら

hd223.jpg

流ちょうな(怪しいf^^;)日本語をしゃべる人と遭遇。

向かって右側の方です。

名を「Yousuf」さんとおっしゃいました。

大阪に滞在して日本語覚えたそうです。

そしてその時の恩返しをする為にこの界隈で働いてるとの事。

・・・信用出来るかどうか分からないけど

買い物する時、間に入り通訳して値切るのも手伝ってくれた。

hd221.jpg

で、Yousufさんのお勧めでこの「DISHAN」という

ショップで私はおよそ300ディルハムでK18の指輪をGETv

hd222.jpg

次は香水勧められて、友人が衝動買いf^^;

(私も買うハメになり、仕方なく小さい可愛い瓶に移して

貰いました,150ディルハム也)

「次はストール勧めるよ!」とYousufさん。

「もう買ったからいらないよ」と友人。

「幾らだったの?ソレ?ほらぁ!先にボクに声をかけないから

ふんだくられるんだよ!」

友人がストール買う時、懸命に半値に値切ったけど、

Yousufさんがお勧めしたショップでの価格は

更にそれより安かったのです!@@;

ここで「怪しい外人さん」は「信頼出来るポテトマン」に

変身しました!

(なんでポテトマンって言うかというと、友人が

そう勝手にニックネームつけて呼んでたからf^^;)

しかも、その後「パームドフォレスト」へ行くと

話したらタクシー迄呼んでくれました!@□@;


ポテトマン否、Yousufさんはゴールドスークの中で

日本語で叫んでますので、皆さんもここへ行く事が

あったら頼りにしてみて下さいませv

hd224.jpg

ドバイクリーク見えた~。

hd225.jpg

で、何故か「パームドフォレスト」へ向かうタクシーに

もう一人見知らぬ同乗者がΣ@@;

この人は途中で降りたけど、何?コレ乗り合いタクシー?

hd226.jpg

「パームドフォレスト」のショッピング街に到着。

ショッピング街にしては規模が小さかった。

クソデカ広いのに見慣れちゃったからね~==;

hd228.jpg

スタバ発見!そういやもうとうにお昼過ぎてるよ。

hd227.jpg

ここで、ランチ休憩。

でもってマフィンの大きさにビックリ!@@;

アイスカフェオレMサイズ(奥)と比べて下され。

ここに来る前に散財してたので、これ以上の購入意欲は無く。

「パームドフォレスト」に来た証拠写真を撮るべくモノレールに乗車。

hd229.jpg

暑いのでここで泳いでる人沢山いた。

hd230.jpg

hd231.jpg

人工島だなぁ~ヤシの葉の形してるなぁ~って

分かるといいけど。

hd232.jpg

霞んで見えるこれもホテルTT バージアルアラブ


この後、地下鉄に乗り換えて帰る予定だったのですが、

接続が分からずTT

ネット情報では渡り廊下で繋がってるとあったけど

その通路が分からず、ウロウロしてたらタクシー乗り場に

着いてしまいました><;

暑さと疲れもあり、タクシーで帰る事にしたのだけど、

このタクシー見るからにクオリティの高いタクシーで

(つまりハイヤーだった)通常の倍の値段を

支払う事になってしまいましたTT

しかもカード不可!手持ちのディルハムが足りず

ATMへ走ったけどそしたらお釣りが無いと言って

25ディルハム返して貰えず!><;

1ディルハム=30円なので、750円ぼったくられたTT


今冷静に考えると、悪夢の場所ドバイモール迄にしといて、

そこから電車に乗るという手があったなぁと反省しきりです。

よぅく見るとドバイモールのフロア図面に地下鉄乗り場が載ってるし。

暑さと疲れ(睡眠不足)は正常な思考回路を奪うのだねTT


次は更なる追い打ちが待ってた帰国の日!

やっと最終リポートです!TT

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ハリポタとドバイ砂漠の旅⑳ [☆TRAVEL☆]

夜の帳が降りてディナータイムです。

hd205.jpg

いつものように人がハケてから取りに行きました。

ブッフェ形式です。

hd206.jpg

・・・アラブ料理==;どうも私の口には合わない。

不味くはないが、美味しくもなく。

hd207.jpg

中央の舞台ではベリーダンスやってた。

hd208.jpg

最後は「月夜の砂漠」イメージシーン。

hd209.jpg

ここでのスケジュールは終了、一斉に帰宅です。


私は誰もいなくなった砂漠に向かって「彼」の名を呼び、

ストレス発散しましたvf^^;

エイリアン通り(ストリート) (第3巻) (白泉社文庫)

エイリアン通り(ストリート) (第3巻) (白泉社文庫)

  • 作者: 成田 美名子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1995/12/01
  • メディア: 文庫


帰りも、高速道路に乗る迄はジェットコースターです。

ディナー満腹食べない方が無難ですね。アルコールもネ。

さて、私らをホテル迄送り届ける気が更々ない

ドライバー兼ガイドさん。

「今日はドバイモールが深夜24時迄やってるから

ショッピングして行きなよ!」と言葉巧みに放り出し==;

hd210.jpg

あのな、放り出すならせめてこの正面入り口迄運べや!><;

ここまでめっちゃ歩いたで!

hd211.jpg

水族館も併設されてるここは、700以上のショップが入ってます!

通路挟んでお向かいへ、ってその広さと距離も半端ない!ΣT◇T

・・・仕方ない、せめて噴水ショー見て行くか。

hd212.jpg

ブルジュカリファだ!

この天辺の先っちょで核弾頭が爆発してドバイは

廃墟になったのだな、BY「Re:CYBORG」

hd213.jpg

hd214.jpg

hd215.jpg

さぁ、閉店までもう1時間切ってます。

ここで何としても大きいお札をこまめなければいけません!

でないと帰りのタクシーでボッタクラれる事必至><;

ドバイのタクシー料金は格安です。

複数名で割り勘なら公共交通機関使うのと同額になります。

でも!カード不可の上、大きいお札で支払うとお釣りをくれません!ー”ー;


何か買い物を~という使命感に駆られて見つけた!

hd217.jpg

おおう!Σ@@; ほんでその隣に、

hd216.jpg

助かった~!^^

やっぱり分かるショップあると安心しますね!

ここで私はシャツを購入、お金こまめるミッションクリア~。

hd218.jpg

ここにもあった「ゴールドスーク」

でも、この後がまた大変でした!

早く帰れ~の音楽が鳴り響くモール内から脱出するのに

難儀しましたT0T

運良く目の前に、私らと同じくタクシー乗り場を探す

外国人がいて、その方の後をついて行ったのですが

またコンパスと速度の違いに走るハメに><;


ドバイモールは1,2時間の間にちょっと寄れる場所では

ありません!ここへ来る時は1日使うべきです。

ショップ移動だけで30分必要です。

とにかく、広さだけはケタ違い!

せっかく無税の買い物天国だけどなTT


・・・めっちゃ疲れた・・・TT

前日に続きホテル着はまた午前様だしT0T

夜型人間しか住めんわ、ここは・・・。


睡眠不足に拍車かかって続きます。

コメント(2) 
共通テーマ:旅行